上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kopurioが愛用している韓医院のダイエット韓方薬

韓国から日本への代行販売は現在も可能です
韓方薬の代行販売は引き続き注文可能ですのでご安心ください☆


ただし代行販売のため注文者様本人の使用目的に限ります
また韓国在住の友人に薬局で買いつけて発送してもらっているため、こちらで箱の中の検品は行っておりません。
ですので品質に関しては責任を負いかねます旨、ご了承の上お申し込みください。
またダイエット韓方薬は一般のダイエットサプリなどに比べて強めなので、体質によっては服用開始から数日ほどめまい・動悸がしたり夜眠れなくなったりすることもございます。
ですので身体が弱い方や副作用が心配な方、医師の診察によりご自身に合った処方をお受けになりたい方は病院に直接行かれて処方を受けて下さい

簡単なご質問でしたらメールでもお答えできますが、専門的な個別のご質問はメールではお答え致しかねる場合もございます

料金は    
錠剤タイプ美肌    1ヶ月分19,500円(現在kopurio服用中)

※錠剤タイプplus、タブレットタイプ、内臓脂肪減肥茶の代行販売は現在行っておりません。    

に以下のEMS送料&手数料が掛かります。
韓方薬1ヶ月分2,500円
韓方薬2ヶ月分3,000円

ダイエット韓方薬の種類について


ご注文の際は恐れ入りますが、
・英語表記のお名前
・漢字のお名前
・漢方薬の個数
・送付先郵便番号
・送付先住所(日本語で)
・送付先電話番号

を漏れなく記入していただきkopurio.chu@gmail.comまでお送り下さい

住所などの記入ミスによる配送不能に関しては責任を負いかねます。
その場合再度お送りする送料を頂戴しないといけませんので、間違いの無いようにご記入ください。
また長期不在による再配達の際も送料はお客様負担となりますのでご注意ください。

※日本でのお仕事の合間にこちらのメール対応をしておりますので1週間に1〜2度しかメールチェックできませんこと、ご了承ください。
携帯電話から送信される際は、ドメイン拒否設定を解除してあるかどうかご確認ください。
スポンサーサイト
こんにちは

kopurioが韓国で買っているダイエット漢方薬の種類と服用方法をご紹介します


《錠剤タイプ美肌》
強力な脂肪分解効果と食欲抑制効果を持っています。
新陳代謝を高め、基礎代謝を上げる事で運動や食事制限無しでも痩せることができます。
エフェドリン成分を80%ほどに抑えているので身体に優しい処方になっています。
そして美肌に有効な熟地黄と言う生薬が配合されています。
熟地黄は補血、止血、強壮、強精、解熱などの作用があり肌の弾力、皮膚生成促進、湿疹、蕁麻疹の改善にも有効とされています。
また貧血や便秘、胸の動悸にも効果があるとされているので、ダイエット韓方薬服用中の副作用も緩和してくれることが期待できます。
直径3mmほどの球体の錠剤で他の錠剤タイプに比べ1回の服用量も少なく、持ち運びにも便利かつサラサラと飲み込みやすいです。
ただし漢方薬特有の臭いがややします。
現在kopurioはこの漢方薬を服用しています。


《錠剤タイプ美肌》の服用方法
基本的に毎食前に1袋をお水と一緒に服用します。
食事の30分程前に飲まれるとより高い食欲抑制効果が得られます。
1日2食しか食事されない方の場合、1日2袋の服用でも構いませんが、脂肪分解効果はやや落ちますので、最大限の効果を出したい場合は食事回数に関わらず1日3回服用して下さい。
ただしダイエット韓方薬特有の副作用が出る場合があります。
具体的には、
・喉の渇き、多汗
・めまい、ふらつき
・動悸、胸がバクバク
・寝付けなくなる
などです。個人差もありますが、服用開始時は必ず1袋を3食分に分けて少しずつ飲むなど少ない量からスタートしてください。
また夜寝付けなくなることもありますので、寝る直前の服用はお避けください。
徐々に体を慣らしていって副作用が気にならなくなったら1回1袋服用するようにしてください。
また風邪薬や鎮咳去たん薬、鼻炎用内服薬などエフェドリンを含むお薬を服用される日は韓方薬の服用はお休みしてください。
ピルとの併用は問題ありません。



※エフェドリンとは・・・・韓国のダイエット漢方薬に必ずと言っていい程含まれている交感神経興奮効果のある成分です。麻黄とも呼ばれ、日本でも市販されているかぜ薬や鎮咳去たん薬、鼻炎用内服薬などに広く使用されている成分です。
体内に蓄積される成分ではないので、適当な量を服用される分には健康上の問題は起こりません。
FDA(米食薬庁)の規定でも1日のエフェドリン服用量を150mgまでであれば問題ないと定めていますが、錠剤タイプplusで3袋分で140mg、タブレットタイプは3袋分で90mgです。
ですので風邪薬などのお薬を服用される日はダイエット漢方薬の服用を控えていただければ、健康上の問題はありません。
ただし心配な方は最初に病院に来院いただき医師の診察を受けることをお勧めします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。